まん丸で角がない、素直な子どもたちへと成長して欲しい…

保育実習 シアトル

更新日:2019.11.13

時差ボケしてる暇なく疲れすぎてバタッと寝ました!

この日は9:00出発で8:30から実習でした!
私の担当は18ヶ月から30ヶ月までの子どもたちでした!

日本も設定保育があるようにこの園でも次から次へと設定がありました!
粘土遊び、読み聞かせ、歌を歌い、そして園庭での外遊び。

私が持っていった日本の文化の飛び出し絵本(英語バージョン)は
スカイツリーが飛び出たりと子どもたちも楽しんで聞いてました!

日本と違うところは、
大きくなっても親と一緒に寝る習慣がないため
自立を促すようになっていて、
子どもたちの方から近寄ってこない限り見守る形で保育を行い
あえて1人で遊んでいるこのところに寄っていって
和を取り持つというようなことはなく
やはり文化、習慣の違いは大きいなと感じました!

どちらがいいかという問題でなく
古くから息づいた生活習慣がそもそもの保育の土台なんだと思いました!

私たちが珍しいのか手を引っ張り遊ぼ、遊ぼと誘ってくれる子どもたちは
全世界共通で可愛く元気もらえました!

お昼ご飯もバタバタと大学内のカフェで食べ
そのまま昼からも講義と実習で大変勉強になる1日になりました!

明日は園長先生たちとの集まりと教材購入に行けるのでそれも楽しみです。